ものぐさな 雑貨好きが始めた
架空のお店、「珈貨屋 ふわり」の、店主のニチジョウ。

ぽつり、ぽつり。気の向くまま。
架空のお店って。と思われた方、
PROFILEをご覧クダサイ。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
*4人、のかたち*
JUGEMテーマ:子育て日記




いつだって君は他の子の三倍のパワアで、

産まれたばっかりの時から
寝ないし泣くばっかりだし満足しないし
早く早く成長したいみたいで

だけど最近、

しくしくしてるハハのかおを、
かおの皮膚むけちゃいそう
なくらいごしごしふいて、



「泣キないよ!ね!泣キないでぇえー!ね。」
って言ってくれたり

そのピカピカ笑顔で
腕まくらして、よしよししてくれたりするのを見てると、


いまになって

その意味を確かめられた気がするよ。



4人、

のカタチは

思っていたのとだいぶ違ったものになりそうで、



がんばってるお腹のメイちゃんや

これから色々がまんしたりしなくちゃいけない君のこと、


将来を思ってまっしろになったりもしたけれど、

きっと、きっと、

私たちらしい家族になるよね。


*ふわり家のニチジョウ* comments(8) trackbacks(0)
*ヤッケブースでパンケーキ(読谷)*
JUGEMテーマ:パンケーキ
 


パンケーキが好きです。

ふだんは 家ではテキトーに小麦粉にオートミール混ぜて
豆乳でどっしり、安いたいやきの皮みたいなもの作ってますが

やっぱり、ちゃんとしたのが(笑)好き。

むしろ この数少ない機会をさらに美味しく食べるために
へなちょこな物を焼くくらいの(ほんとか)
それくらいの勢いであります。

まあ、豆乳だといいなあとは思うけれど。

ほわほわ ぶ厚いホットケーキも捨てがたい、しかし、
ベーコンとかしょっぱいのと食べて
さらにシロップで最後は片付けるような
両方節操なく楽しめる、アメリカンな食事パンケーキが

とても好き。



こちらのお店は

もともと 東京にある 
パンケーキママカフェ voivoiさんのスタッフだった人が
読谷に開いたというお店。

ずうっと
「沖縄行ったらぜったい行く」と意気込んで
沖縄旅行に行った時にはじめて訪れたのは

まだ新婚ほやほや(じぶんで言う)時分。



(その様子はコチラから。

元気よくナナメな写真の切り取り具合やら
そんなにってなマクロ近寄りすぎ具合やらが
見ていてドキドキしますけども。)


久しぶりに行ったら、

嗚呼やっぱり読谷いいなぁ。好きだなぁ。


通されたのは、
初めて行ったそのときは まだなかったと思われる(記憶力が何せあやうい)
ひろびろした個室に。



ついた時には すやすや しゅしゅぞう。
1枚目にもひっそり いますよ。見つかるかしら?


うーん、うーんとうなりながら
頼んだのは結局 前回と同じ感じなわけでありまして。

ニク好きろんちょこりんさんは肉ニクしい ミートラバーと
私はミートボールパンケーキ。

ホワイトソースにミートボールという
ニクだけに小憎らしい(おやぢギャグ)ステキコラボに惹かれるタイプであります。

それからデザートに(まだ食べるか)
期間限定(だったと思う)ラムレーズンを頼んだのでありました。




以前は どーん!アメリカーン!どうだー!的な盛りつけだったけれど
ほんのりお行儀よい感じになった雰囲気。

盛りつけ、前のが豪快で すきだったかも。
でも美しいのはいいことかも(どっちだ)。


味はね、個人的に voivoiさん、と思っております。(こっそり)

しかしながらに やはり美味しいし、やはり オープンな雰囲気とか
気取らず食べられるアメリケン感じのメニューとかが

とても好みなのであります。


パンケーキ、
かしこまって食べるのはいや!
シロップだってべしゃべしゃ、豪快にかけたい!
(完璧に個人的な嗜好)




しゅしゅぞさんが起きないのをいいことに




ラムレーズンのも もりもり食べるハハ。

これはもしかしたら 
煮た林檎とか ふわふわのホイップとか
そういうちょっと潤す系(なんだそれは)が乗ってて欲しかった気も。

トッピング何か追加したら良かったな。



しゅしゅぞさん、ここいらでパチリ。



ちょっとぼーっとしていたけれども

ちょいちょい。





瞬時にケモノ化。


がぶり。



武士は正座よね。うん。



最近よく食べてる時に正座。
..気づけば(今も)正座しながらパソコンとかしちゃって
じん帯おかしくしちゃってるハハの影響でありましょうか。





パンケーキって
怒りながら食べられないよねー。


うひょひょ。





...というわけで沖縄にいます(前説長い)

しかも写真は3週間ほど前に休日使って会いに来てくれた
ろんちょこりんさんと行った読谷の写真であります。


そういうつもりでは最初、なかったはずですが
アルジの無意識だか意識だかよくわからない策略により、
何となく母子避難的なことになってます。(遠い目)


あちこち行って、なんだかバカンスでヨユウでウフフだわねぇ
(どういうことだ)
のような雰囲気を醸し出しつつ

実際には旅では ここは我慢!ここくらいは使っても!の感覚の違いなどにより
とびげりとか(失礼)大もみ合いが起きるような喧嘩のタネになるほど
余裕がない我が家でありますので
(ヨユウがないのはふところだけじゃないのでは)

そろそろ次の住みかを探して
今いる個人でやっていらっしゃるコンドミニアムを
そろそろ出なくちゃいけないのに、

寂しい寂しいふところやら、
エネルギーありあまってる1歳児のもろもろ事情やらで
難航中、とか。 

(古民家貸し切り、好いオーナーさんで好いとこあったんだけどなぁ)


なのにいつも更新しないブログを突然アップしちゃう、とか。

..テスト勉強しなくちゃいけないときに
漫画読んでじぶんの中の焦りを誤摩化そうとするタイプでありますからね。
(人はそれを現実逃避という)


いつまでいるの?そこに?って

...願わくば聞かないでいただきたい心境であります、とか。



もうこのブログ見ていただいている人は
驚かないでありましょうかね。(遠い目アゲイン)


おうち大好き過ぎて 家に好きな物ばかりあつめて
うふうふ過ごしていたヒキコモリ34歳、子連れで放浪中。

まあ、前向きに参りましょう。


...せっかくだから、18の時に取って2回しか運転しないまま失効して
ろんちょこりんさんに珍しくこっぴどく叱られた免許でも
取ろうかと思うよ。うん。


ではそういうことで、サリュー。(言い逃げ)


つづきは おまけのしゅしゅぞさん↓

続きを読む >>
*ふわり家のニチジョウ* comments(4) trackbacks(0)
*メルボルンの海と、うみのいえ。Blighton Beach*
 


宣言しましたとおり、いまさらに メルボルンの写真であります。

オーガニックマーケットに行った次の日は、

電車に乗って、ブライトンビーチへ。


..ええ、もちろん 今 下の写真見て名前を知りました。

すべての計画は、ろんちょこりんさん任せであります。





電車を降りてすぐ、

すぐビーチでありました。



....おじいちゃん、かっこよかったっす(渋好み)







日本ではあまり見かけない、ラフなビーチの過ごし方であります。




じつは 写真はありませんが、

いつもながらに、ろんちょこりんさんからの説明はなく
予想外にビーチをひたすら歩きまして



こんなとこで 休憩とかしてるけど、 もういいんじゃない?

砂も波ももうおなかいっぱい見ましたし、

想像以上に山あり谷ありで足も疲れましたので、

ってなくらい、よれよれと歩きまして



なんだろうと思ったら ろんちょこりんさん むこうの方 指差して、

「あれ、あれcokoちゃん可愛いでしょ?アンタあれ写真撮りたいよね

となんだか 若干脅迫めいたようなことを言われたのがコレであります。




えっ、すんごい遠いし うん、もうここからの景色でいいよ、うんうん、って
言ったのに

「僕ココでこのまま、しゅしゅと2人遊んでるから」

「アンタ行って来なよ、後から行くから」

などと言うので 何となく 
これはイヤとか言ったら その後がめんどくさそう(コラ)ということで

半ば泣きそうになりながら 歩いたビーチ。ややトラウマであります。





ついたら 結構うきうき撮ったんだけれどもね。

ろんちょこりんさん曰く、「海の家」だそうですけれども、

どうやらヒト棟借りてるんだか、買ってるんだかで、

海で遊ぶ道具(なんかオシャレに言えない)を置いておいたり、
着替えを中でしたりするみたいであります。

海の家.....ち、違うみたいです。でも何て呼ぶのかわからぬので
うみのいえ(仮)物件紹介であります。


建設中。うみのいえ(違うってば)。



63番、うみのいえ。





順番に並んでるのですが、たまに 35a 35b とかもありました。
...番号、振りまちがえたんでしょうか(←自分だったらやりそう)。



カラフルであります。







うみのいえ、だから やっぱりザッパン。  




ザッパン。(しつこい)



ムササビ、可愛いです。



散々歩いて、くたくたになって、お昼ご飯のためにやや慌てて市内の方へゆきました。

だって時間ちょっと外すと、お店どこも仕舞っちゃうんですよ。

(そんでもって ろんちょこりんさん、空腹だと
突然機嫌悪くなるんで 時間に無頓着なわたし、ややドキドキなんであります。)

その続きは、また今度。




コーラ、日本のより美味しいけれども

嗜好品はなぜだか 高い、オーストラリア。

約300円、高級品であります。


でもカラカラのノドにはとても美味しかったコーラでありました。

冷たい物ほとんど飲まないけれど、

炭酸って時に 魔力持っているかのように、飲みたくなってしまうのであります。

シュワシュワ。ぱちぱち。たまりません。




↓↓おまけの しゅしゅぞさん。

続きを読む >>
*ふわり家のニチジョウ* comments(4) trackbacks(0)
*あたらしい年になりました。*

明けましておめでとうございます。


 


携帯の写真で失礼いたします。
  
2012年、年が明けました。

そんでもって実家に 新種のひつじが出没しました(違)


龍でもないので 2012年のブログとしては

どこもかしこも 的を得ない感じではありますが、

気にせず 突っ走ることにいたします(案の定)



更新が滞りがちで、時系列もはちゃめちゃなブログに、

足を運んでいただいている方、ほんとうにありがとうございます。



去年は思いもしないことが重なって

じぶんの弱い部分がキリリと浮き立つような年でもありましたが、

そのことで周りの人にどれだけ恵まれているのかを

ことさら実感する年でもありました。



年の瀬に、ぎゅうぎゅうした気持ちではあったのだけれど

とても素敵なニュゥスが時差を超えてやってきました。

追いかけるように クリスマスに ホロリと来るメッセージ、ありがとう。


ちゃんとちゃんとお礼を、って思ったのに

ちゃんとちゃんとが うまくできずに時を経てしまったので

こんなとこで ぽちり、つぶやいておきます。



いちばん上の写真の ひつじ。

小岩井農場のひつじ帽子。白とベージュがありまして。


しろい ふわふわが好きだからって。

やっぱり しろいふわふわは 男子より女子よね。


と思ったのに、ピンクの耳の色にズキュンと打ち抜かれ、

いやいや、デモ しゅしゅぞさんは やっぱりベージュだよね

白って柄じゃないよね。


しかし白にピンクって反則じゃあるまいか、

ベージュも耳の中ピンクにしたれよ、こんにゃろう

などと 毒づきながら ぐるぐるぐるぐるぐる(略)....の後



(・ω・)結局 白。

いいんです。ひつじっていやぁ、やっぱり白。うん。


しかしそこにサングラスを自ら かけちゃうなんて、

やりよる、しゅしゅぞう。


しかし どことなく、おばちゃんぽいのは何故でありましょうか。



近頃は、お手伝いブゥムで 袋入れだの、

お風呂洗いだの、

コロコロがけだの(フローリングとかやってるけど)

シャワーでハハの頭のせっけん流すのを手伝ってくれたり
(たまに鼻に入ったりするけど)

背中をせっけんで洗ってくれたり(なぜかその後ウンチしてたけど)

化粧水はたいたり、はたいてくれたり、
(なんかお門違いなとこにはたいてたりするけど)


もろもろとしてくれて、
 
乳幼児がこんなに面白いとは思わなんだ、でありました。


いままで もがもがした虫みたいだったけれど(失礼)

すこし、人間に近づいているんでしょうか、ベム。

関係ないけど ベムってどんな話だか知りません(どうでもいい)



それから お昼寝はオチチ以外じゃぁ寝やしませんぜ、

なオチチ星人はあんまり変わりませんが、

すこぅし 回数も減って、

夜はオチチきっちり飲んだら「寝る」のサインをして 
クマぬいぐるみに湯たんぽ入ってるやつといっしょにコテン。
朝の7時ちょっと前くらいまで、ぐぅすか寝るようになりました。


靴下やらオムツもじぶんで履くようになっちゃって、

嗚呼、さびしいような、嬉しいような。色んな意味でショックであります。


しかし、お店で売ってるズボンをオシャレに重ね履きしようとしたり、

ハハのおパンツ(下着)をベストみたいに着ようとして

もがいて おヒスを起こすのは、


ちょっとやめていただきたい 今日このごろであります。



...というわけで、こんな ふわり家でありますし、

まだまだフラリと平気な顔してオーストラリアの写真とか

載せてしまいそうな冬の予感でありますが、



今年もどうぞ よろしくね(ラフ)



続きはおまけのしゅしゅぞさん↓↓



続きを読む >>
*ふわり家のニチジョウ* comments(4) trackbacks(0)
*いまはむかし、の しゅしゅぞさん*

あなたはドナタ?

 

なんかデスクトップに怖い写真がある...と思って

ドキドキしながら開けてみたら、 なんとまぁ。


ろんちょこりんさんの小さい頃の写真であった。


ぱぱちゃん(義理父)が Skypeで 「しゅしゅの写真見つけたぞ」って
送って来た物らしいです。



産まれたては 助産師さんたちが 噴き出しちゃうほど
そっくりだった2人なんだけれども、
段々 うちの兄の小さい頃に似てるかなぁって感じになってきていて、


それでもやっぱり、笑い方とか、似てるかしらね。





これとか。そっくり。 (しゅしゅぞさん、頭に 玄米かぶってるけど)。



嗚呼、大きくなったらああなっちゃう(←失礼な)んだのう。





...と、いうかですね、
まだ ろんちょこりんさん、一応20代なのに シロクロ。
こんな写真、デスクトップに見かけたら びびりますとも。
(꒪д꒪)はー。


わたし5年ほど年取ってますが、シロクロじゃないですよ。
上海、やっぱりちょっと昭和の香り。


ろんちょこりんさんが、若い人より
50代60代のヒトのが話が合うっていうのは

そのあたりが ゆえん、でありましょうか。




ちょっと むかしっぽく加工してみたけど、しゅしゅぞさん。



んー。どうかな。似てるかしらん。




そんなことより、ディズニーの「Tinker Bell」に夢中。
「ふろあがりの、てぃんく、最高ですじゃ。」


しかしアレですね、何十年も経って、

しゅしゅぞさんが 同じように 
じぶんのチイサナ頃の写真と じぶんの子供を見比べて

「あれまぁ、かあさん若かったね」「こんな小さかったんだねオレ」
なんて言う日が来るのかな なんて思うと

その時のじぶんを思って不思議な気持ちがしたり、
もう二度とこの小さいしゅしゅぞさんはいないんだなぁと思って
ちょっと きう、となったり

それでもって それはとてもシアワセなことなんだなぁなどと思ったり
しみじみ、であります。うん。
 
こうやって、つながって、続いて行くんだなぁ。


↓↓しんみりしちゃったけど、続きは お手伝いしゅしゅぞさん。
続きを読む >>
*ふわり家のニチジョウ* comments(5) trackbacks(0)
*入荷のお知らせ*
 

空想雑貨店「珈貨屋ふわり」に きなことオートミールのクッキー、
入荷しております。


ええ、雑貨 入荷してないのに またクッキー?という声は
ちょっと聞こえなかったことにして、

すこし改良した「うわのそら店主にもできますテケトーレシピ」も
載せておりますので 気になる方は コチラより からから扉を開けてドウゾ。


卵も乳製品もつかっていませんが、この前のきなこクッキーよりも
地味ではありませぬよ。いひひ。


続きはおまけ。上海で気になったお菓子。↓
続きを読む >>
*ふわり家のニチジョウ* comments(4) trackbacks(0)
*The First Day in Melbourne*
 

メルボルンに向けて、しゅっぱーつ。


大声だしたり、にこにこ愛想ふりまいたり、
いつもながらに大注目浴びるしゅしゅぞさん。





チェックインカウンターにて。



こらこら(近ごろ眠くなるとこうです。
寝るまじ!の武士根性なので、絶対に寝ないけれど)



軽くホラー入ってませんか。 



にやり。


メルボルンはサマータイムが導入されていて1時間早まっていたので
飛行中、あと1時間ちょっとで着くなと思ってるあたりで 着いたので
これまた びつくり。(アナウンス、されてたんだろうな...(...( ̄− ̄)遠い目。))


ケアンズは常夏で、ノースリーブ着てても汗だくでありました。
メルボルンは涼しいであろうとは思っていたけれど

ついたら革ジャン着てる人がいるほど寒かった。びつくり。
飛行機でたった数時間なのにね。



市内まですぐなのでタクシーに乗ってホテルへ移動して、
荷物をおいてから 日暮れのお散歩。






メルボルンは トラムの街。

しゅしゅぞさん、Trainのサインをして大興奮でありました。










ややねむ、しゅしゅぞさん。











チョコレート屋さんがあちらこちらに。
チョコレート屋さんって、日本少ないですよね。



営業時間、基本どこもこんな感じ。 
レストランなのにランチやってないとか
結構あります。

土日なんて、ご飯食べようと思ったらもう、
アジアやインドの人がやってるお店に行くしか、なかったりであります。


ホテルの窓から外を眺めてたろんちょこりんさん、

4時半ごろになると皆一目散で帰宅するのを見て
日本とは違うよねぇ、としみじみしてました。

働く気ないよね、とか言ってたけど
じぶんのための時間とか、家族との時間を大事にしてるんだよ、って
言っておきました。

そのおかげで日本は便利だし、いつも前に進んでる感じがするけれどね。




エコな街らしく、貸し自転車もあちこち。




泊まったのはまた市内だったので、何となくカラフルな丸の内的な。
(おおざっぱな例え)




どこはやっていなくとも、お花屋さんは営業中。お国柄でありましょうか。
「ただいま、ほらこれ、ディナーの時テーブルに飾れるように買って来たよ、ハニィ。」
とか言うんでありましょうか(陳腐な妄想)



↓↓続きは しゅしゅぞさんのお宿紹介。

続きを読む >>
*ふわり家のニチジョウ* comments(4) trackbacks(0)
*ケアンズ、ひとこま*オーガニックカフェ、Fusion Organics。
 


どんどん写真アップしてゆくぞ!の波が消え入りそうなので
(いつものことです)

今日は ほんのり更新。

写真あんまり撮れなかったのですけど、
ケアンズで たぶん唯一の、オーガニックカフェに
ゆきました。 URLはこちら



でもまったく関係ない1枚目の写真であります。いひ。



ここには じつはこの日の前に1度行ってみたんだけれども、
オーストラリア、土日はお昼すぎまでとか、
夜もあまり遅くまでやってなかったりとか、

このカフェも例にたがわず
平日は7時から5時まで、
土曜日は7時から2時まで、日曜やすみ、

という、稼ぎ時に違いないでしょ!って時にやっておらず、
土曜日の夕方なんぞに行ったわたしたち、撃沈したわけでありました。

で、リベンジしたのであります。

オーストラリア、割と gluten free =小麦(タンパク?)なし
Vegetarian の表示があるところが多いのだけれど、

ここは それにくわえて 卵なし、とかありました。




で、私はベジタリアンなラザニアを頼んだわけでありますが




ううむ。



やっぱり焦がし過ぎかと。残念。




しゅしゅぞ師匠の判定は。



ビミョーすぎるほど ビミョーな顔。



うーん。日本だとあんまりオーガニック看板にしてます!
って言うと、すごいこだわりがあったりしたりしなかったり(どっち)なので
期待しすぎちゃったかしらん。でありました。


ろんちょこりんさん曰く、

「オーストラリアは生野菜が美味しいよね!(褒めてる?)」



お店の人はケアンズでは多かったインド系のヒトでありました。
ヒトリ、白人のヒトがいたような。...いなかったような。(どっち)

レシートちょうだいって言ったら

若干不機嫌な顔されて、これが何ドル、これが何ドル、計何ドルだよ、と
言われましたが、

..(・ω・)

ええと、たぶん計算まちがってないよってことだったと思うんですけど
カード使ったから取っておきたかったンです。

ろんちょこりんさん(出張で年に数回インドへ)に寄ると、
みんな ムスリ顔が普通なんだって。ふうん。

たしかに 帰りにお菓子買ってサンキュゥ、言ったら 
にこっとしてくれたけれど

やっぱり笑顔 大事ですよ、兄イ!(だれ)


ということで、残念ながらシティでは

(꒪д꒪)う、めー!と唸るようなご飯には
なかなか当たらなかった私たちでありました。


美味しいもの食べることと、のんびりまったりすること
くらいしか趣味の無い(定年後の夫婦でしょうか)
私達でしたので、

ごはんに関してはちょっぴり消化不良だったかな。

前も書いたけれども、魚介類はとっても新鮮だったので
美味しかったです。うん。ウン(じぶんを納得させてみる)


続きはおまけのしゅしゅぞさん↓
続きを読む >>
*ふわり家のニチジョウ* comments(2) trackbacks(0)
*ケアンズ、ひとこま*Muddy's Playground






ケアンズにいる日本人の友達に教えてもらった

Muddy's Playground


ちょっとだけ人工ビーチでお水に慣れたし、
遊び場もたくさんあって、小さな子はきっと楽しいはず!と
連れて行ってみた次第であります。






 お、いけるかしら、な
 感じが ぷんぷん。



いろいろを期待させる笑顔であります。うむ。うむ。




....でありましたが。



しがみつき、すぐにメソメソ(案の定)。





かろやかにスキップする、オトメ。






なんとなく、頭だけ ぬらしてみるしゅしゅぞさん(謎)。





素晴らしき笑顔の彼女。(with カメラ目線)





抱っこ乞いする、しゅしゅぞさん。(必死)





抱っこ拒否され、仕方なくついてゆく(with 哀愁の背中)。





楽しそうなオージィボゥイたちと、

ひたすらチチのところへ、の しゅしゅぞさん。




チチに戻るよう強要されて...壁にはりつきチュウ。




怖いのと違うのじゃー、壁のおさかなが気になるのじゃー。
(ひたすら 『さかな』のサインを繰り出しチュウ)




びびりや しゅしゅぞう。


ちょっと楽しんで、またちょっと怖がって、という感じではありましたが

すこしずつ、慣れるといいですのう。



* * *






歩道の下の 干潟をみながら、の帰り道。



 
 あ、アノヒト 知ってる。
 (ヒトじゃない)

 ..ツルさんじゃなくてトキさんじゃなくて
 ..サギさんじゃなくて

 ..フラミンゴさんじゃなくて(絶対ちがう)
 

  ..ドナタサマデシタッケ。(案の定)。


 



はっ、あのヒトは、魚類から 
は虫類に進化途中のアノヒトではなかろうか(知りません)。







もうお一方。(見えるかしら)



『かわいい、かわいい。うぉー。』はしゃぐ34歳(私です)。




干潟で 魚取りしていたファンキーな兄イ。

網から逃がしてしまって、あっちゃこっちゃ、捕まえようと奮闘チュウ。

放送禁止用語、いっぱい言ってそう(偏見)。





しかしこちらのカメラを見つけたとたん、
なんとも素敵な笑顔。さんきゅうであります。



ギャップ、きゅん。(はいそうです、アホウです)。






怖そうな顔しててもみんな目が合うと笑顔。

すぐ話しかけてきてくれます。

日本の奥ゆかしい、とか いい距離を保つ、とは
また違った素敵文化。



そんなこんなでテンション上がったハハの側で、

気づけば すんごいぐったりな しゅしゅぞさん でありました。

(玄米クッキーでごまかれチュウ)



『楽しくなかったわけじゃ、ないけどもー、ないけどもー。』

はっ(꒪д꒪)ご、ごめんよ。...ゆっくり、ちょっとずつ、ね。
*ふわり家のニチジョウ* comments(2) trackbacks(0)
*小さな間違い、ポップコーン*


きょう しゅしゅぞさんと買い物に行って来た ろんちょこりんさんが、

ぽん、とテーブルの上に出したもの。



ポップコーンなんて買ったことないのに

どうしたのかと思ったら、

『まちがえちゃって』。


『しゅしゅが わんわん始まって、慌ててたから』、


ポテトチップスだと思った』んだそうな。


...(・ω・)...。



ポ、しか合ってねーっすね。(ガラ悪)


それはやっぱり上海人でカタカナ弱いから?
漢字だけ読んじゃったのでありましょうか。


ちなみにポテトチップスは

軟弱胃を持ち合わせて、普段は 脂っこいものやジャンキーなものや
添加物とか卵とかぎうにうとか あんまり、
と気を遣ってるくせして

もりもり あっという間に一袋食べちゃうっていう
そういう アンバランスな私の大好物であります。

うす塩ね、うす塩(どうでもいい)。

(うす塩で、無添加、そこに気を使い過ぎたんでありましょうか)

あ、関係ないけど 白米が苦手だったけれども
バターライスも小さな頃から大好物であります。
(普段はバターめったに使わないけど好き。)

大好きな「深夜食堂」で取り上げられて嬉しかった私であります。
(更にどうでもいい)




ポップコーン『ちっ、とんだ間違いだぜ、ったく。』(ほんとうにね。)



あんまりにびっくりしたので 珍しく続けてアップしてしまいました。
(しかもこんな内容ですみませぬよ。)


*ふわり家のニチジョウ* comments(0) trackbacks(0)
| 1/4 | >>