ものぐさな 雑貨好きが始めた
架空のお店、「珈貨屋 ふわり」の、店主のニチジョウ。

ぽつり、ぽつり。気の向くまま。
架空のお店って。と思われた方、
PROFILEをご覧クダサイ。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
*はじめての、ハッピィバースディ。*
 







おもいもかけず、上海でたんじょうび。

1歳は盛大に、のおくにがら、だそうで

せっかくならばと

ろんちょこりんさんが
わたしが好きな
香港料理のお店を探してくれて

ママちゃんが

個室を予約してくれたのです。











































親戚や、お友達を集めて14人のパーティ。

しゅしゅぞさんも興奮して
いまさら感たっぷりの人見知り、をすこぅし発揮。

しかし ちらちら、にこにこ、
抱っこしようとすると、きゃーいやー!
いけずな様子を織り交ぜつつ、
愛想のよさも忘れずに見せておりました。





* * *



(余談になりますが、 せっかく1歳ですから!
ケーキいまいち!なこちらでも
なんとかかんとか、と探して

日本の有名シェフのお店は
ひとりヒトクチにもならない大きさで
1万円近くしてしまうので



「..ううん、やっぱり日本のコンビニクラスだけど
まあいいか、デザインもオトナっぽいし」

と、第二希望のお店にゆき、
試食までして決めた丸いチョコレートムゥスのケーキ、

当日取りに行ったら、
まったくカタログにも載ってない
四角いデザインでして、

びつくりしたのでありました。
さすが。オーダーなんてどうでもよく、
思い立っちゃったのでしょうか、作った人。


数字のイチ、のろうそくで、って言っておいたのに
案の定しっかり何本も細いのが入っていたので
すかさず変えてもらったのでありました。

ちうごく、やりよる。)







いつもはママちゃんがスキマなくしゃべりつづけて
かまいつづけて、手取り足取り、の遊びでありますが、

この日は 物しずかで優しいおねいちゃん、に
適度な距離感で遊んでもらって、

こころなしか、大人しいしゅしゅぞさん。








* * *

今朝、4時半にオチチで目覚めて、
嗚呼そうか、日本時間だったら、もうすぐ、と気づいて、

カーテンから差し込んでいる光をながめて、
しみじみしたのでありました。

きっと、せっかちだからか、
しゅしゅぞさん、産道に曲がって入っちゃって、

すぐ産まれそう、って言われたのに
3日目の朝までかかっちゃって、
眠くて痛くて、


スパルタ、かつ分娩台のない自然なお産の産院で


マッサージやお風呂に使われているアロマオイルの香りとか
つきっきりで背中をさすってくれる助産師さんのささやき声とか

陣痛の合間にふふふ、と弾むろんちょこりんさんと3人での会話とか

涙が出るほど美味しいおにぎりの味とか

優しい木のぬくもりの、清潔で素敵なお部屋とか

そういうのをぜんぶ台無しにする大音量で


「しゅしゅ、がんばれー!!!」
「いつ産まれますかー!!!(←相当弱気)」

と叫んでいて


ろんちょこりんさんに
「cokoちゃん、ちょっと静かに」
と、注意されたっけね
(そういうあなたもどうかと思いますが)。


もうちょっとで大学病院へ、の時に
いろいろな偶然が重なって、
無事産まれて来たしゅしゅぞさん、

初めて見たキミ、
泣きながら 必死におやゆび吸っていて、
おっきなチマメができていて、

じぶんのコドモっていうのがピンとこなくて、
「まあまあ、これからどうぞよろしく」って
まぬけなことを思ったのでしたよ。








おおきくなったなぁ。






最初キャジュアルだったはずが
男性陣ふたりの言うことを聞いていたら

思いもかけず
セクシィかつ、めかしこんだ
格好になっちゃったハハのわたしと、

甘えたが出現ちう、の
しゅしゅぞさん。
 


 とーちゃん、明日帰っちゃうけど
また よちよち2人でやってゆこうね。








オメデトウ、と アリガトウ。



* * *




いっしょう食べ物に困らないように、

一升モチを日本では背負わせるんだよ、

などと ちらりと ろんちょこりんさんに
確かに言ったのではありますが、


今日ママちゃんが買って来たのは

3キログラムの
角かど四角い、長いおモチ。


ま、(・∀・)
ママちゃん...、
たぶん背骨おかしくなっちゃうと思うよ、それ。


..明日ろんちょこりんさんが帰国する前に、
半分に切って背負わせる...かもしれません。
(がんばれ、しゅしゅぞさんの背骨!)
*しゅしゅのコト。 comments(6) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








*キノハサマ*

ふふふ。ありがとう。
一年も前の記事を読んで覚えていてくれていたのね、と思うと
なんだか感慨深いわー。

午前中できなかったことが午後できるようになっていたり
ほんとうに、密が濃い時間を過ごしているんだなぁって
実感します。

わたし...成長してないどころか、たまに後退してるかも?いひ。

しゅしゅぞさんが産まれたのは去年の5月でして、
でも何となく、妊娠した時に、今年は何かあるのでは?!
と思ってはいたけれども、次の年に震災があるなんて
しかも近い日に産んだコと、そのあかんぼちゃんと、
家で過ごしていた時だったし
なんだか、こう強い縁を勝手に感じます。

あ、あれ買いにいくか、とかができないし、
やはり勝手や環境も全く違うし、何かと
アレ(まとめるな)ですが、

ろんちょこりんさんがいないと、
しゅしゅを預けておでかけともいかぬけれど、
パパママちゃんがしゅしゅをちょこちょこ
連れ出してくれるので
(=私は4日間連続でひきこもりですが。(; -ω-))
助かっております。

日本にいたらいたで、別の大変があるだろうし、
のほほん、過ごしてゆきたいと思いますよー。

足あと、わざわざ残してくれてとっても嬉しかったです。
ありがとう。
from. *キノハさまえ* | 2011/06/05 17:23 |
一歳のお誕生日おめでとう+
cokoちゃんがしゅしゅちゃんを出産されたときの
ほんわかのなかに漂う、
壮絶な感じのブログを今でもようく覚えているので
わあ、あれからもう1年経っちゃったのね…と思っています。
大人の私にとっては1年はそんな感じで成長もなく、
行ったり来たりのまいにちですが、
しゅしゅちゃんにとっては
たくさんの、たくさんのことがあった1年でしたね。
そしてお母さんのcokoちゃんにも!
しゅしゅちゃんの生まれた年(で、いいのだよね?)に、
日本で大きな震災があって、
そのため、
しゅしゅちゃんたちは上海で1歳のお誕生日を迎えることに。
そんなこと、ほんとうに予測不可能ですね。
文化の違う慣れない場所での子育ては、
さぞかし、さぞかし、と思いながら、
いつも見ています。
素敵な義理の両親といえど、
気遣いナシでいられるわけではないものね。
身体、心、大事にね。
from. キノハ | 2011/06/03 12:13 |
*まめサマ*

(TдT)!コメント消えてしまった...
気をとりなおしてもう一度..。


残念ながら、こちらでは規制が厳しくて
まめくま堂には遊びにゆけないので、((TдT)うう)
こぐまちゃんにも愛にゆけず(変換間違えたけどあえて)

日々、きちんとした日本語も話さないまま
いえ日本にいてもきちんとなんて話しませんけど、
そういうふうに過ごしていて、

なんだか まめさんの顔というか(ちがう)
声というか(それもちがう)...。
空気?を感じられて嬉しいです。(●ˇ.̫ˇ●)ありがとう。

しゅしゅぞさん、何だか人を見て色々判断している模様。
こんなに静かにしていることは珍しいのですよ。
なにかとチビなりにも思うところがあるのでしょうか。

あ、背骨だいじょうぶでした。

なにそれ、誰にもらった何についてきたの、ってな具合の
ほっそーい赤いリボンがテキトーに結ばれていて、
3kgのモチ、案の定切ってもいなくて

よちよち歩いてるところリボン持たされてましたが
本人気づいてなかったです。

なんだかしりつぼみな感じで終わった一升モチでありました。うひ。
from. *まめさまえ* | 2011/06/02 23:17 |
*ねこむらようこサマ*

ふふ。色々ありましたね。
1歳なんて、夢のまた夢(ん?)って感じだったのに、
あっというま。

こうやってあっという間に過ぎちゃうんだろうから、
目をようく凝らしてみておかないとと思いつつ、
のんべんだらりーん、って過ごしちゃってます。いひひ。

あんまり感情的になりすぎないように、とは
(将来ね、あんたのためを思って、とか
言っちゃいそうな私だから)

思っていたけど、やはりしみじみしましたよ。
from. *ねこむらようこさまえ* | 2011/06/02 23:05 |
一歳のお誕生日、おめでとう☆
赤ちゃんと幼児のいいとこどりな時期ですね〜。かわゆいです。
本読んでいる姿にメロメロです〜。
寝顔は何だかおにいちゃん、って感じですね♪

私も「自分のコドモ」ってのがまだピンときてなかったり…(おいおい)

あ、背骨、無事ですか?
from. まめ | 2011/06/02 10:25 |
オメデトウ、とアリガトウ に涙。。。
1年、、、たったんだねぇ

いろいろあったね。

でも、ホント おかあさんになって なれて よかったよね^^
from. ねこむらようこ | 2011/06/01 15:44 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://lucokolatalu.jugem.jp/trackback/42
<< NEW | TOP | OLD>>